ギークな歌手、Jonathan Coulton氏

最近は曲の紹介ばかりしていますが、今回もJonathan Coulton氏の曲を紹介します。 "Skullcrusher Mountain" というタイトルの曲でライブでもよく演奏される定番の一曲です。 制作されたのは2004年ですが、その後音楽ゲームの曲として収録されたり、MMORPGのシナリオのモチーフになったりと色々な展開をしています。

オリジナルの歌詞は

歌詞

Welcome to my secret lair on Skullcrusher Mountain
I hope that you've enjoyed your stay so far
I see you've met my assistant Scarface
His appearance is quite disturbing
But I assure you he's harmless enough
He's a sweetheart, calls me master
And he has a way of finding pretty things and bringing them to me

スカルクラッシャーマウンテンの私の隠れ家へようこそ。
滞在を楽しんで頂いていますか?
アシスタントのスカーフェイスにも会ったようですね。
彼の見た目はかなり気持ち悪いですが、
彼が無害なことは保証しますよ。
彼は優しくて、僕を主人と呼び、なんでももってきてくれます。

Oh, and I'm so into you
But I'm way too smart for you
Even my henchmen think I'm crazy
I'm not surprised that you agree
If you could find some way to be
A little bit less afraid of me
You'd see the voices that control me from inside my head
Say I shouldn't kill you yet

(※)
ああ、私は君に夢中です。
でも君にはとてもスマートです。
私の手下でさえ僕が狂っているというけど
わかってくれると思いますが
できれば落ち着いてください。
そんなに恐れないで
僕の頭の中の声は君をまだ殺すべきじゃないと言ってるんですよ。

I made this half-pony, half-monkey monster to please you
But I get the feeling that you don't like it
What's with all the screaming?
You like monkeys, you like ponies
Maybe you don't like monsters so much
Maybe I used too many monkeys
Isn't it enough to know that I ruined a pony making a gift for you?

君のために半分ポニーで半分猿のモンスターを用意しました。
でも君は気に入らないみたいですね。
なんでそんなに叫んでるんですか?
猿が好きですよね、ポニーも好きですよね
モンスターは好きじゃないでしょ?
私は猿を使いすぎたかもしれません。
ポニーを一頭つぶしただけでは足りなかったですか?

Oh, and I'm so into you
But I'm way too smart for you
Even my henchmen think I'm crazy
I'm not surprised that you agree
If you could find some way to be
A little bit less afraid of me
You'd see the voices that control me from inside my head
Say I shouldn't kill you yet

(※)くりかえし

Picture the two of us alone inside my golden submarine
While up above the waves my doomsday squad ignites the atmosphere
And all the fools who lead their foolish lives may find it quite explosive
Well it won't mean half as much to me if I don't have you here

二人で黄金の潜水艦に乗っているところを想像してください。
頭上では私の地獄の軍団達が押し寄せています。
愚かな生き物に率いられた全ての愚者は彼らの激しさを知るでしょう。
君がここに居なければそんなことは私には大したことではないですが。

You know it isn't easy living here on Skullcrusher Mountain
Maybe you could cut me just a little slack
Would it kill you to be civil?
I've been patient, I've been gracious
And this mountain is covered with wolves
Hear them howling, my hungry children
Maybe you should stay and have another drink and think about me and you

スカルクラッシャーマウンテンで生きていくのは簡単ではありません。
私の事に少し寛大になってください。
君を殺そうとしましたか?
私は忍耐強く、慈悲深いです。
ちなみにこの山は狼だらけです。
遠吠えが聞こえます、私の飢えた子供たち。
もう少しここに残って、飲み物でも飲んで私と君について考えてみるべきですよ。

Oh, and I'm so into you
But I'm way too smart for you
Even my henchmen think I'm crazy
I'm not surprised that you agree
If you could find some way to be
A little bit less afraid of me
You'd see the voices that control me from inside my head
Say I shouldn't kill you yet
I shouldn't kill you yet
I shouldn't kill you yet

(※)くりかえし

まとめ

綺麗なメロディで聴きやすい一方明らかに恐ろしい事態が起こっているストーリーの曲ですね。 歌詞の主体になっている人間が人間なのか化物なのかといったところは解釈が分かれるようです。